今の時代はそこまで無理してライブしなくて良いと思う理由

バンドをやっていると色々な方面からライブのお誘いをいただいて、
それは非常にありがたいことなんで、
結構無理してでも出てきた事が過去にあります。

しかしライブをするって簡単に言いますけれども。
メンバー全員のその日のスケジュールを空けるって事で、
それは結構大変な事なんです。

都合の悪いメンバーはリハーサル無しで本番だけとか、
無理なメンバーがいたらその日だけ違う人にサポートを頼んだり、
そこまでしてライブをしていた事もありましたが、

今の時代はそんな無理をしてまでライブをする事にこだわる必要って無いんじゃないかと思うんです。





スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

今でもライブの経験は非常に大事

逆の意見になってしまうんですけれども、
バンドマンにとっても、演奏者としても、生演奏をリアルタイムで聞いてもらえるって凄い経験になるし、
ライブを重ねると、個人としてもグループとしても凄く進歩します。

私は以前年間140本以上もライブしていた時期があって、
それはもの凄いいい経験だし、多くのことが学べて、
楽器演奏者として凄く成長できたと思っています。

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

しかしあまりにもリスクが高かった!!

その当時はメジャーデビューして、メディアを使って宣伝してもらう立場じゃないバンドは、
もう、ライブをたくさんするしか有名になる方歩は無かったんです。
だから、色々なモノを犠牲にして、ずっとツアー生活を送っていました。

でも今冷静に考えると、あまりにもリスクが高かった気がするんですよね。
他の方法が有るのなら、避けたい事でもあります。

今はYOUTUBE等で配信する方法も有る

昔と違って今はネットを使って、
YOUTUBEとかの動画投稿サイトとかで発信して、
ある程度集客が見込めるようになってから、
ライブをするって方法もありじゃないか?
って思うんです。

ある程度の集客が見込めれば、
ライブする事ってそんなに難しくは無いんです。

集客が無いのに無理してライブしようとするから大変なんです。
ライブして欲しい!!
ってニーズを作り出してからライブするって結構大事じゃないか?
って思うんですよね。

今日の落書きです!!
(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます、こちら

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション









これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

質問や直接連絡はLINE@で対応いたします。

PCの人はこちらで、

スマホの方はこちらをクリックして下さい。
↓↓
友だち追加