これは便利!!ドラムのセッティングを早くする方法

ドラムのセッティングって非常に時間がかかります。
ライブの転換の時なんかは、他のパートの誰よりも時間がかかって焦るし、
スタジオのリハーサルや個人練習の時なんか限られた時間の中でセッティングにかかる時間は非常にもったいないし、
なるべく短く済ませたいって思う事なんです。






スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

座った状態で動かせないものがある

時間がかかる一番の原因は座った状態(叩ける状態)で調整できないモノが有る事です。
一度セットから離れて、調整して、もう一回座りなおして、でもちょっと違うってもう一回離れて…..。
って事で時間がかかってしまうんです。

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

外から自分のセッティングを覚える

では、どうすれば良いのか?
それは座った状態じゃなくて外から自分の叩きやすいセッティングを覚えてしまう事です。
ドラマーである自分のローディーを自分がしているって思って(笑)。
高さ、角度、場所を感覚で覚えてしまいましょう。
高さは自分の身体の場所で覚えるのが良いですよ、

例えばクラッシュシンバルは胸の高さとか、椅子は膝の少し上とか、
そんな感じで覚えましょう。


(ライブ映像!!)

個人練習でセッティングの練習もしましょう

日頃のスタジオの個人練習でセッティングの練習をするのもおススメです。
外からセッティングして、そのまま叩く、叩きにくかったらどこが間違えているのか?
って事を覚えた置いて次回やってみる、
って事を繰り返すと良いと思います。


(セミPV)

(セルフカバーです、一応歌も歌ってます)

多少違っても気にしないメンタリティも大事

セッティングで大事なことは多少違っていても気にしないって事です。
ドラムはお店やスタジオの常設機材をお借りすることが普通です。
よほどの売れっ子にならないと普段自分のセットを使うことは出来ません。

常設機材は色々なメーカーのものがあり、
サイズも違っていたり、シンバルスタンドやタムホルダーの調整の仕方も色々あって、
100%自分の理想のセッティングに出来ない事もあったりします。

それなら開き直って、

手が届けば叩けるやろ!!

ぐらいの考えは必要だと思うんです。
細かいことは気にするな!!!

それがドラムセッティングの基本だと思うんですよね。

おわり


(セルフカバーです、一応歌も歌ってます)

今日の落書きです!!
(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます、こちら

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション








これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

質問や直接連絡はLINE@で対応いたします。

PCの人はこちらで、

スマホの方はこちらをクリックして下さい。
↓↓
友だち追加