ライブハウスのオペレーターさん(PAエンジニアさん)にあれこれ言うのは間違っていると思う理由。

よく、リハーサル中に客席におりていって、
ああだこうだPAさんに注文をつけるバンドマンっていますよね。
あれ絶対に意味ないし、
間違ってるし、
わかってない人の行動だと思うんですよね。





スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

バランスが悪いのはバンドのせい

よくあるパターンで「あのパートが聴こえない」って言うのがありますけど、
ハッキリ言ってそれはバンド自身の責任です。
ちゃんと弾けてない、
ならせてない、
声が出ていない、
PAさんに文句言う前に練習してきて下さい。

それとアレンジが悪いって事もあります、
ギターアンプやエフェクターの音作り、
ドラムのチューニングが悪いパターンもあります。

文句言う前に、
生音でリハスタでいいバランスになるように練習してきて下さい!!!

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

リハーサルと本番は音がかわります

これは前音も中音(モニター)もそうなんですけど、
リハーサルと本番ってものすごく音がかわります、
お客さんが入ると反響の仕方がかわるのも有るし、
メンバーの力の入れ加減もかわるのは当然です、

もっと言えば湿気や気温でも音はかわります。

ライブハウスのオペレーターさんはそれを見越して音作りをしています。
そのお店がどんな変化するか?
ってお店のオペレーターさんが一番よく知っています。

それもあまりわからず音を聴いてあれこれ言っても逆効果でしかありません!!


(叩いてみました動画です)

オペレーターさんは乗り込みが普通

売れているバンドの場合はライブハウスツアーであってもオペレーターさん連れています。
それ以上を求めるなら、オペレーターさんを連れてくるのは普通です。
お店のオペレーターさんに頼むなら、
出音はおまかせするのが一番なんです。
中音(モニター)は言ってもいいですけれども、
声関係以外は、基本生音で中音のバランスがとれるようにするべきです。
そしてどうしても足りない部分だけを足してもらうのがベストだと思います。

(セミPV)

神経質になるのは不慣れって言ってるようなもん

ちょっと音が違う、って言うだけでイライラしたり、神経質になるのは、
「私は不慣れです」って言ってるようなもんです。
レコーディングでもライブでも少しぐらいやりにくても、
カッコつけてでも「全然OKですよ、問題ないです」って言えるぐらいにならないと、
対バンの人にもバカにされると思います。
いっぱいいっぱいで、神経質なのはとってもかっこ悪いことですよ!!

(40代後半から完全に独学でピアノ練習した現在はこんな感じです)

厳しい事を書きましたが


今はライブハウスの機材もものすごく良くなりましたし、
オペレーターさんのレベルもものすごく上がりました。
バランスが悪い良い音がしない90%以上はバンドの責任だと思います。

そんな訳で少し厳しい話を書きましたが、
バンドは自己完結出来るようにアレンジ、楽器の演奏、音作り、バランス調整を頑張ってください。

おわり

今日の落書きです!!

(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます、こちら

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション







これがあの噂のグラハムビデオ(笑)