一緒にしてはいけません!!人に習うべきこと、習ってはいけないこと



昨日新しく入った人に仕事を教えていました。
お店の仕事なんですけれども、
実は私は今まで多くの人に教えてきました。
高校生から、外国人から、主婦の人まで、
教えるって凄く大変な事で、忍耐力もパワーも必要で物凄く疲れるんですけど、
実は教えることは結構好きなんです。

スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

習う必要が有ることと習ってはいけないこと

教えることは好きでも、
ドラムは教えません。
何故なら、ドラムとか絵とかブログみたいに自己表現することは人に習うものでは無いって私は思うからです。
逆にお店の仕事とか、車の運転とか、明確なルールがありそれを守らないといけない事は必ず習わないといけないと思います。

これをごっちゃにしてはいけないと思うんです。

一緒じゃないんです。

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

教えている人を否定するわけではありません

でも楽器や絵やブログなんかを教えている人を否定しているわけではありません。
楽器もその人のとらえ方で、カタチ通りやりたいって人もいるからです。

そう言う人に対して教えることは有効な手段だと思います。
それは絵でもブログでも同じだと思います。

でも私は楽器は自分を表現する手段だと思っているので、
今まで人に習った事は無いし、
他人に教えようとも思わないんです。


(ケガから復帰後のライブ動画)

私は自由な発想を阻害する可能性があるから教えたくない

子供なんか無限の可能性があるのに、大人が「こうやって叩く」「これは間違い」
とかいって、可能性を潰してしまっている事が結構あるんじゃないか?
って凄く思うんです。
だから、あんまり教えたくないんです。
大人のせいで可能性を潰したくないんです。

特に全くの初心者の時に色々試行錯誤したり、自分なりの工夫をしたことが、
他にない個性になったりします。
出来れば、自分の世界で可能性を広げていってもらいたいって凄く思うんですよね。


(セミPV)

可能性とははみ出ること

楽器とか表現することで可能性とは、
常識からはみ出ることだと思っています。
だから最初からそのわくを教えるのは一番やってはいけないことだと思うんです。

ってな訳で私は自分の道を進みます。
皆様も自分の道を進んでください。

おわり


(40代後半から完全に独学でピアノ練習した現在はこんな感じです、せっかくなんでオリジナルって言うか、私が20年前にやっていたバンドの曲をピアノ弾き語り用にアレンジして弾いてみました、一応歌も歌っています)


島
今日の落書き。

(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます)

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション






これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

ドラム叩いてみましたの動画です。