ライブハウスのノルマ制について私が思うこと


ライブハウスのノルマ制について、
ネットでも賛否両論あります。

バンドからノルマをとるとはけしからん!!
的な意見から、
ノルマは当然だ的な意見まで色々ありますが、

その事について私の考えを書いてみようと思います。

スポンサードリンク

ライブハウスのノルマ制、実はバンドも恩恵を受けている

これが一番書きたかったことです。
これ書いている人あんまりいないんですよね。

ノルマのシステムを悪く言うバンドの子らもいますけど、
実は一番恩恵を受けているのはバンドなんです。

全国ツアーとか行ってるバンドいるでしょう?
そのバンドの知名度にもよるんですけど、
結構固定ギャラで出演しているんです。

ライブハウスやイベンターは地元の対バンにノルマをかけて、
そのギャラをまかなっているんです、

これ悪くないんですよ。
地元のバンドはそのツアーに回ってくるバンドのファンだったりするんです。
対バン出来たら、仲良くなるチャンスだし、リハーサルから見れるから、勉強できる事すごくあるんです。
だから、ノルマ払って出る意味は凄く有るんです。

そこまで有名じゃなくても、
遠征行ったりして、ツアーバンド扱いって、
一枚目からチャージバック有ったり、交通費って感じで(金額は少なくても)、
固定でギャラもらったことがある人は結構多いと思うんですよ。

実はノルマ制はバンドの為でも有るんですよね。

落書き
(今日の落書きです!!、私の落書きはまとめてinstagramで見ることができます
https://instagram.com/drummer.sexer/

ノルマも交渉すればいい

私も若い頃は普通にノルマのあるライブハウスに出ていましたけど。
「ノルマ20枚」って言われても、
「どうにかなりませんか?」
って言ってました。
交渉すればいいんです。
こっちから出たいって時は無理でしょうけど、
だいたい、ブッキングマネージャーからこの日はどうですか?
って誘われることがほとんどだったので、

条件よくしてくれたら出るよ、って当時は口癖みたいに言ってました(笑)

蛸殴の頃、インディーズのTV番組に出演した事が何回か有って、
そこそこ名前は知られていたので、
「ノルマ無しでいいですよ」
って言ってくれるライブハウスに出ていました。

でも、あまり手売りしないんです。
この頃は前売り3枚、当日30枚とか(笑)
結構有りました。

こんなんだから、ちょっと他のバンドのライブとカブったりしたら、
動員一桁とかになっていました。

名前は有名だけど動員のないバンドって不名誉なレッテル貼られていたりもしてましたね(笑)

でも、それでも良いんですよ。
イベントに呼ばれる時に、
動員だけを当てにされているのか、
そのバンドのパフォーマンスが見たいから呼ばれているのか、

呼ばれるバンドの方がちゃんと認識しているのは大切です。
ノルマは払いたくないなら、
パフォーマンスだけで呼ばれるように努力すればいいんだと思うんですよね。


(ケガから復帰後のライブ動画)

結局需要と供給なんです

バンドがお金を払ってライブする、
お店がギャラをバンドに払ってライブする、

私はどちらも有りだと思うんです。
だって、海外の超有名なフェスに出るのには結構なお金払わないといけないわけで、

大金を払ってでも出る価値が有るフェスだから出るわけであって、

逆に、どんなにその会場が満員になっても赤字になるぐらいの、
高額のギャラを払ってでも、
呼びたいバンドもいるわけで、

どちらも普通に成り立つと思うんです。

だからバンドは固定でギャラの交渉が出来るぐらいの価値のあるバンドになること、
ライブハウスや、イベンターは、バンドが喜んでお金払ってくれるようなお店つくり、イベント作りを頑張れば良いことであって、

そのせめぎ合いで、お互いが納得行く条件がでれば出演するだけの、
非常にシンプルな話だと私は思うんですよね。


(セミPV)


(40代後半から完全に独学でピアノ練習した現在はこんな感じです、せっかくなんでオリジナルって言うか、私が20年前にやっていたバンドの曲をピアノ弾き語り用にアレンジして弾いてみました、一応歌も歌っています)





オススメ記事セレクション






スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

ドラム叩いてみましたの動画です。

「ライブハウスのノルマ制について私が思うこと」への11件のフィードバック

コメントは停止中です。