40代後半から独学でピアノを始めた私が大人になってから何か新しい事を始めるコツを伝授します。






よく、楽器ができたら良かったのにとか、
子供の頃ピアノ習っていたら、良かったな。
とかいう人いますよね。

だったら、今からやればいいと思うんです。
これは自分がそうだったんです。

以前やっていたバンドの時に、
自分の足りない事を痛烈に実感して、
「子供の頃ピアノでも習っていたら良かったのに」
「マーチング・バンドの経験があったら良かったのに」
って思ったんです。

その時は自分はもう限界、ロートルなポンコツドラマーだ、
って凄く自虐的に考えてしまっていました。
だからそのバンド辞めたんですけど。

辞めてから「子供の頃じゃなくて今からやればいいじゃないか?」
って思い出して、ドラムの基礎練習始めたんですよね。
ピアノは退院して自宅療養の時期に始めたので丁度1年になります。

簡単な曲の弾き語り(コードメイン、当然難しい事はできない)
左手で3コード弾きながら、右手でメロディーやアドリブ(パターンは少ないけど)
弾けるようになりました。

まだまだ練習中ですけど。
自分で弾けるようになると、音楽聴いていても新たな発見があったり、
もっと、もっと楽しめたりするんです。
だから、その為だけにでも楽器を習得することはオススメなんです。

そうやって私がやってきた、
大人になってから一からはじめること、
の気づいた点、考え方なんかをまとめてみました。

これを読んで、
「こんな年齢からやっても大丈夫かな?」
って思って躊躇している人の最後の後押しになれたら良いと思っています。

スポンサードリンク

どのレベルか?

私の手書きの汚い表で申し訳ないけど、見てください。

落書き_0002

一番下の線がスタートラインで初心者はこの位置です、
真ん中の四角が、一応出来ると言われているぐらいのレベルです。

楽器でも、車の運転でも、仕事でも、
ほとんどの人がこの四角の中です、

それだけで食えるレベルの人は、ここから飛び抜けて上なんです。
どんな世界でも飛び抜けるのは非常に大変です。
当然才能も、能力もすごくいります。

ここへはある程度の年齢になればいけないと思います。
でも、一番下のレベルから、平均ぐらいならどんな年齢でも出来るようになると思うんです。

これは多くの人が勘違いしていると思うんですけど。
子供の頃からやってないとダメとか言うのは、
このことなんです。

それは子供の頃からやってるだけでは無理で、
相当、良い教育受けるとか、本人がものすごいやる気でしかも能力高いとか、
じゃないと無理なんです。

私はもう年だから無理、
っていう人は多分若かっても無理です。小さい頃からやっていても無理です。
だから、ぶっちゃけ年齢は全く関係ないんです。


(40代後半から完全に独学でピアノ練習した現在はこんな感じです、せっかくなんでオリジナルって言うか、私が20年前にやっていたバンドの曲をピアノ弾き語り用にアレンジして弾いてみました、一応歌も歌っています)

大人になるとやりにくい理由

では、何故、大人になってから新しいことがやりにくいか?
それは、ある程度の年齢になるとかっこ悪くて下手なところ見せたくない、
って事があげられると思うんです。

まあ、私はこんな感じなんで(笑)
下手くそな絵だろうが、文章だろうが、恥ずかしげもなくどんどん公開しています。

そうすると、少しずつでも進歩するんですよね、やっぱり、
その進歩が遅いのは年齢のせいじゃなくて、
私のレベルが低いだけです。

これが子供の頃からやっていてもきっと変わらないはずです。
やらない人は全く進歩しません、
これが積み重なると大きいんです。

しょうもないプライドはマイナスになるだけなんで、即効で捨ててください。
これは非常に大事です。


(ケガから復帰後のライブ動画)

志は高く持たない

これは最初の図の話と同じことなんですけど。
高いレベルに行くのは年齢関係なく、とっても難しいんです。
いきなり、そんなところを目指しても、メゲルだけです。
無謀です、現実的に無理です。
それより、今よりほんの少しでいいので、進歩しようって気持ちが大切だと思うんです。


(セミPV)

「一回言われたことは一回でできないと」は忘れる

自分で練習していて、何回やっても出来ないって有ると思います。
「自分はダメな奴」って思うかもしれません。
でもそんなもんです。

めっちゃいっぱい練習やって、やっと出来るようになって、
次の日はまた出来なくなったとか、そんなんは普通なんです。
何回もやり直して、出来るまでやればいいことなんです。
全く忘れていても一回やったことはできるようになるのが早いです。
二回忘れてやり直すと、1回目よりもさらに早いんです。

そうやって何回もやって、忘れて、って繰り返すとそのうち出来るようになります。
楽器の練習なんてそんなもんなんです。

だから「一回言われたことは一回でできないと」って教えは
単にマイナスになるだけなんで、
忘れてください。

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

まとめ

年齢は関係ない、高齢になっても平均ぐらいまでなら絶対にできる。
失敗しても気にしない、出来ることが出来なくなっても気にしない、
志は高く持たない、
言われたことは一回でやらないと、ってことは忘れる。
ってな感じです。

思ったが吉日です。
何事も今からでも遅くないです、私が知っている人で76歳でやったこと無い仕事を新たに始めた人がいます。
一から学んで、少しずづでも進歩しています。
だから、絶対に遅いってことは無いと思うんです。

練習していて上手くいかずに、
「もっと若い時にやっていれば」
って思ったあなた、

それは自分を過大評価しすぎです(笑)
若いころにやっても、同じように、いえいえ、それ以上出来なかったと思います。
若いほうが我慢できないですからね。
だから、気にせず、今からどんどんはじめましょう!!!

オススメ記事セレクション






スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

ドラム叩いてみましたも動画です

「40代後半から独学でピアノを始めた私が大人になってから何か新しい事を始めるコツを伝授します。」への87件のフィードバック

コメントは停止中です。