続・私が接客で大事に思っていること

前に、私が接客で大事に思っていること
ってブログに書いたんですけど。

私は初めて来るお客さんが怖がらないように接客する事を大事にしている、
って話だったんですけど、

まだまだ付け足した話が有るので(笑)
続きを書きます。

スポンサードリンク

外国人のお客さん

外国人のお客さんって数はそんなに多くないけれども来られます、
中国系の人、アジア系の人、アラブの人、ヨーロッパの人、
などなど、本当に色々な人が来られます、
日本人の初めて来られた人以上に、
そう言うお客さんが困らないように、
悩まないように考えて接客します。

落書き
(今日の落書きです!!私のinstagramで落書きはまとめて見ることができます
https://instagram.com/drummer.sexer/

言葉も違う、文化も違う国で買い物する事がかなり勇気がいること

なぜなら、自分に置き換えて考えてください、
もし、海外赴任になって、食品を買いに行くことを、
その時に店員さんが親切だったら物凄く助かりませんか?

言葉も違う、文化も違うところで買い物する事自体凄く難しいし、
勇気がいることですし、ハードルが高いことなんです。

最近こんな事がありました。
いつも来ているヨーロッパ系のお客さんが、
どうやら日本語も英語も全然わからない感じで、
よく聞くとスペイン語を喋っているように聞こえたので、
勇気を出して「グラシアス」って言ったら、
凄いにこやかになって、「グラシアス」って返事してくれました。

それから必ず私のレジに並んでくれます。

後でわかったんですけどそのお客さんはアルゼンチンの人だったみたいです。
にこやかに、お買い物されている姿をみてこちらも嬉しくなってきます。


(ケガから復帰後のライブ動画)

外国人の方と応対する時は日本の代表って気持ちを持たないとダメだと思います

ずっと前にこんなことが有りました、
ベトナム人の方が同じ職場に来られて、
その人は(学生さん)その時にいる職場の人全員に「はじめまして、よろしくお願いします」
って挨拶して回ったんです。

日本人でもそこまでしない人もいるぐらい、丁寧で律儀な人だったんです。

それから私のベトナムのイメージはめちゃくちゃ良いです。
その人だけかもしれないですけど、
そんな風に単純に考えてしまいます。

逆に考えて私の行動、態度で日本のイメージがかわるって事も充分考えられるんです。

だから、お客さんだけじゃなくて、自分が客で店員さんが海外の方だった場合、
同じ仕事をする人が外国人だった場合も物凄く親切に丁寧に対応するようにしています。

自分の態度次第で日本のイメージが良くも悪くもなるんです。
本当に責任重大だと思います。


(セミPV)

どちらも無いとダメ

話を戻して、
私が働いている所は激安スーパーなんで、仕組み的や、経費的に、
普通のスーパーに比べて不便な点もあるんです、
物理的なサービスで負けている点があるのは否めないんですが、
感じよく接客すること可能なんです。
だから
高級スーパーの店員さんにも、
感じの良さ、フレンドリーさ、では負けたくないんですよね

変なところで負けん気が強いんですよ(笑)

そして今の時代、どちらも無いとダメだと思うんです。
商品は安いけど、レジの人感じが良い
ドラムすごいけど、いつも物販にいてフレンドリー
と言われることを目指して日々頑張っていこうと思います。

スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

キーボード練習中です、自分のバンドの曲を弾いてみましたの動画です。

さらに調子にのって弾いています、すいません。

これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

ドラム動画です、そう私はドラマーです。