大きな音でドラムを叩ける方法

良いドラマーはジャンル関係なく音が大きいって記事を書いたのですが、


ではどうすれば大きな音でドラムを叩けるか?
って話を書こうと思います。






スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

良い音色=リバウンド感覚

音量と言えば手首の力とか腕力とか思う人が多いと思います、
そりゃあ力が全くいらないとは言いませんし、
最低限の力は必要ですが、
それよりもスティックがリバウンドする感覚を身につける事が大きな音を出す為に非常に大事なことだと思うのです。

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

スティックが鳴る感覚

リバウンドする感覚を身につける為に最初に、
スティックが鳴るって感覚を身につける必要があります。
これは、ある程度音が出せる環境で、
机とかテーブルとか叩いてみて下さい、
ちょっとした握り方、リバウンドのさせ方で音色がかわるのがわかると思うんです、
これがスティックが鳴る感覚なんです。


(ライブ映像!!)

ロールやフラムなんかのルーディメンツ

スティックが鳴らせるようになったら、
バズロールや、フラム、なんかの俗に言うルーディメンツを練習すると、
リバウンド感覚が凄く養われて、いい音=大きな音でドラムを叩けるようになります。
「そんなテクニック必要ない」ってシンプルな8ビートしか叩かない人もルーディメンツの練習をすると良いのはこれが理由です。
騙されたと思ってやり続けて下さい、驚くほどいい音でドラムセットが鳴ると思いますよ。


(セミPV)

音色の責任はドラマー本人

ドラムセットは生楽器なんで音色はドラマーの技術がほとんどなんです、
私が思うのは、ドラマーの技術80%でチューニングが10%、残り(シェル、ヘッド、マイキング、ミキシング、エフェクト、などなど)あわせて10%ぐらいしかないと思うんです。
大きな音=良い音でドラムを鳴らすためにはドラマー本人の技術が一番大事なんです。

そんな訳で基礎練習頑張ります。

おわり


(セルフカバーです、一応歌も歌ってます)

今日の落書きです!!
(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます、こちら

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション








これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

質問や直接連絡はLINE@で対応いたします。

PCの人はこちらで、

スマホの方はこちらをクリックして下さい。
↓↓
友だち追加