良いドラマーはジャンルを問わず音が大きい

良いドラマーはどんなスタイルに音楽であっても音が大きいと思います、
と言い切られると、そんな事は無いのでは?って思う人もいると思うので、
そもそもドラムの音が大きいとは?
ってところから話をします。






スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

実は音量はあまり無かった私のドラム

ずいぶん昔ですけれど、私が初めて本格的なレコーディングスタジオで、
ドラムを叩いた時にエンジニアの人に
「音を出さずにメーターだけ見ていたら、なんと音の小さい人だと思った」
って言われました。
実際音を出したら爆音で驚いたみたいですが(笑)
聴いて思う音量って実は、
メーターの針よりも音色の事だったんです。

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

音が大きい=音が良い

だから「あの人のドラムの音が大きい」一般的に言われていても、
実は音が大きいよりも、音色が良い、迫力の有る音で鳴らせるって事なのかと思うんです。


(ライブ映像!!)

いい音だと邪魔にならない

それと逆にいい音、音楽的な音、ピッチが楽曲にマッチしている音だと、
邪魔にならないから、ある程度の音量があってもうるさくなくいい感じになると思うんです。

だからドラムの音は大きくても大丈夫って事も言えると思うんです。


(セミPV)

そんな訳で

って事が私が感じているドラム音量の話です。
だから、良いドラマーはジャンル関係なく音が大きいんですよね。

さらに付け加えると、メタル系やらハードコアなんかのジャンルはもう、ドラムの音が大きいって事が必需なんです。
最低限のマナー(笑)
と言っても良いかもしれませんね。

おわり


(セルフカバーです、一応歌も歌ってます)



今日の落書きです!!
(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます、こちら

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション








これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

質問や直接連絡はLINE@で対応いたします。

PCの人はこちらで、

スマホの方はこちらをクリックして下さい。
↓↓
友だち追加