同じバンドのメンバーで価値観が違うことは悪くないんじゃないかなって思う話

同じバンドを見てもどんな風に思うのかは人それぞれです、
ライブの時に対バンを見て、
「おっ!!このバンドカッコいいな」って思っても、
他のメンバーが「うわ~これは酷い」って言ってたり、

「流石にこれは無いよな」って思っていても、
他のメンバーが「やられた!これはカッコいい」って言ってたり、
って事があります、と言うかこの話は私の実体験です(笑)





スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

感じ方は人それぞれです

同じようにバンドをやっていても、
大きめのホールでライブするのが良いって思う人もいれば、
集客できても、わざと狭いライブハウスでライブするのがカッコいいって思う人もいます、
それだけでは無くて、色々な面で真逆な価値観って事も結構有ったりします。

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

価値観が違うと辛い

そんな風に価値観が違ったり真逆だと一緒にバンドをするのはなかなか辛かったりします、
一つのことを決めるのにも苦労します。


(叩いてみました動画です)

だからこそ新しいものが出来る

しかし真逆な価値観がぶつかり合って、作品を作るからこそ、新しいもの、
素晴らしいものが出来る可能性があります。
なにかのコピーや真似じゃない本当のオリジナルはこんなところから出来るんだと思います。
しかし、やってる方はたまったもんじゃありません(笑)。

(セミPV)

バンドが辛い理由、バンドが素晴らしい理由

これがバンドが辛くて大変な理由で、
でも素晴らしいものが出来る理由でも有ったりします。
「大変だけどやめられない」んですよね(笑)

(40代後半から完全に独学でピアノ練習した現在はこんな感じです)



今日の落書きです!!
(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます、こちら

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション








これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

質問や直接連絡はLINE@で対応いたします。

PCの人はこちらで、

スマホの方はこちらをクリックして下さい。
↓↓
友だち追加