キーボード練習中の訳は……。

 ドラムってある意味、受け身な楽器なんで、いかに他の楽器の人や歌い手さんのメロディーやハーモニー、そしてその細かいニュアンスを理解できるかが、非常に大切な事だと思うんですよ。

これはひょっとしたらドラマーが必要な技術で一番大切な事かもしれません。

だからと言って絶対に他の楽器の習得が必要かと言えばそれは違うと思うんです。
他の楽器が弾けなくても、歌が歌えなくても細かいニュアンスまで理解出来ればそれで良いと思うんです。

 ただこのポイントで行き詰まった人はギターやキーボードなどの、ハーモニーとメロディを奏でられる楽器を練習するのは一つの方法だと思うんです。
私はそこで行き詰まって必要性を痛感しました。
それが今キーボードを練習している一番の理由なんです。

 楽器って何でも難しいからなかなか上達しないんですけど、
曲が弾けて歌えたら、物凄く楽しいので、頑張って練習し続けようと思っています。