カテゴリー別アーカイブ: DAW

MIDIキーボードだけで、いい感じでリズムの打ち込みをする方法

DAWソフトでドラムとかパーカッションのリズムを打ち込む事があると思います。
エレドラとかパッド的なモノがあればより自然にいい感じで打ち込みが出来ると思うんですけど、
だいたいはMIDIキーボードを使う事が多いと思います、
その時にいい感じで打ち込める方法を紹介したいと思います。






スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

指で弾かない

ベードラとスネアのリズムを入れてから、ハットやシンバルを重ねるって方法が一般的だと思います。
私もそのやり方なんですけれども、
ベードラとスネアを入れる時に片手で指で弾く例えば人差し指でベードラ、中指でスネアって感じでやるのはあまりオススメ出来ません。
キーボードの配列上、手はクロスしてしまうのですが右手がベードラ、左手はスネア(使う指は何でも良い)ってやった方が絶対にいい感じで打ち込みが出来ます。
スネアは左手で叩くものなので、やっぱりその通りやる方が雰囲気が出るんですよね。
ベードラは本当はペダルを使って足で踏むとかなり生に近い雰囲気が出ますが、
そんなMIDIベードラだけって売ってないので(笑)
まだ右手なら、まあまあそれに近いニュアンスが出ると思います。

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

クオンタイズ&音の長さを揃える

それとよほど特殊なノリが必要なケース以外はクオンタイズをかけて、
音符の長さを、16分音符か32分音符に揃えたほうが良い感じになります。

裏返せば生のドラムでも音符が短くて、
リズムが正確だとノリが出やすいとも言えます。

ドラマーの皆さんは頑張って正確にタイトに叩きましょう(笑)。


(ライブ映像!!)

これだけでずいぶんかわります

これだけでずいぶんリズムは良い感じになると思います。
いくらピアノを練習して指を使うことになれても、
ドラムを打ち込むのは両手でやるべきなんですよね。
ってな訳でデモとかで打ち込みのドラムをつくっている人は参考にしてみて下さい。


(セルフカバーです、一応歌も歌ってます)
おわり


今日の落書きです!!
(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます、こちら

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション








これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

質問や直接連絡はLINE@で対応いたします。

PCの人はこちらで、

スマホの方はこちらをクリックして下さい。
↓↓
友だち追加