カテゴリー別アーカイブ: Octopus Rocks Springfield

緻密さと大胆さの共存

音楽製作だけじゃなくて小説、絵なんかでも、
同じことが言えるのかもしれませんが、
緻密に書き込んでいる部分と、これでもか!!
っていうぐらい大胆に大雑把にやっている部分が共存している、
って凄く面白いものになると思うんです。
って言うか私はそういうものに凄くひかれます。






スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

ドラムで説明すると

他の事は上手く説明出来ないので(笑)。
ドラムで説明します。
簡単に言うとハイハットやシンバル、カップで小難しい小技を入れていたと、
思えば、目立つところは大胆にスネアだけとかツーバス連打とか、
そういう事です!!

わかりやすいでしょう?

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

どこで緻密かどこで大胆か?っていう話

どの部分で緻密な事をやって、どの部分で大胆になるかってことですが、
私の場合はAメロとか、歌のバックの目立たない部分で、小難しい(大したことないけど)
事をやって、目立つフィルとかはシンプルに大胆にやることが多いです。
簡単そうで、良く聞くと色々やってる的な(笑)
そんなところを目指しています。

この動画なんてわかりやすいと思います。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

(叩いてみました動画です)

練習しないと出来ない

こういうことって、緻密な部分と大胆な部分の振り幅が広ければ広いほど面白いものになるんですよね。
それはわかっているんですが、難しい(笑)
その為にルーディメンツ的なモノをいっぱい練習しないいけないんですよね。
そんな訳で、引き続きひきこもって練習がんばります!!!


(40代後半から完全に独学でピアノ練習した現在はこんな感じです)



今日の落書きです!!
(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます、こちら

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション








これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

質問や直接連絡はLINE@で対応いたします。

PCの人はこちらで、

スマホの方はこちらをクリックして下さい。
↓↓
友だち追加