カテゴリー別アーカイブ: 試乗

前2輪後ろ1輪のCan-Am Spyder F3乗ってみました!!!

カナダのBRP(ボンバルディア・レクリエーショナル・プロダクツ)社の三輪バイクの「Can-Am スパイダー F3」
乗ってみました!!!
ってこれ日本では普通免許で運転できるんですよ。
法的にはヘルメットも不要です(安全性もあるけど、風圧的な面でもヘルメット無しはちょっと無理ですけどね)


スポンサードリンク


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

不思議な乗り物です

前から見たらこんな感じです。
P_20160406_104349
後ろのタイヤは車のタイヤみたいな感じです。
結構太いです。サイズは225/50R15です。
P_20160406_104359
タンデムシートは結構快適そうです。
P_20160406_104355
フロントサスペンションはフォーミュラーカーみたいです。

P_20160406_104408 1

自立するので転倒することは無いんですよね。

2016-03-19
いつも描いてる私の落書きがLINEスタンプになりました!!!
こちらから購入できます!!!

もしくはクリエーターズスタンプマーケットで「突っ込まれやすいスタンプ」で検索してください。

後ろに乗せてもらいました

友人がバイクを車検に出している間に借りることになったみたいで、
最初は後ろに乗せてもらいました。
タンデムシートは持つところがあって、背もたれもついていて普通のバイクより快適です、
が、1330ccのエンジンなんで(ロータックス製の直列3気筒1330ccで最大出力115ps)、
加速のGはすさまじいです、多少車重が重くても、リッタークラスのバイクのそれでした。
そしてバイクと違って倒して曲がるのでは無いので、コーナーで曲がるときに外側に持っていかれます、
これも、バイクとも車とも違う感覚です。
なんとも不思議な感覚なんですよね。


(ケガから復帰後のライブ動画)

ってな訳で私も運転させてもらいました

セミオートマのモデルでしたので、クラッチレバーも、ブレーキレバーも有りません、
ブレーキは右側のフットブレーキのみです。
パーキングブレーキが左側に有ります。
電動パーキングブレーキです。
ボタンを押してブレーキがかかり、下のボタンで解除になります。
アクセルはバイクと同じ右側のスロットルです。
セミオートマはアップは手動で行います、左側にパドルが有ります、
シフトダウンはブレーキをかければ自動でやってくれます。

バックギアが有ります。
パドルの+を押しながらRボタンを押せばバックギアに入ります。

一番の違いは傾けて曲がるのではなくて、
バーハンドルを曲げて曲がるって事です。
車のハンドルがバーになったって考えるとわかりやすいです。
しかし、ホイルベースが短いのでめちゃくちゃクイックに曲がります、
これはなかなか慣れませんでした。
どうやらバーハンドルにはパワステが付いているみたいでしてスムーズに動くんですが、
バーハンドルにパワステってなんか不思議な感じですよね(笑)

実は車幅は軽四ぐらいあるんです。
気をつけていないと、右寄りに走り過ぎて(車と違って真ん中に乗っているため)
センターライン超えてしまいます。

でも乗っている感覚はバイクです。
ほんとなんとも不思議な乗り物なんですよね。


(セミPV)

めっちゃいい経験でした

ちょっと練習して車の多い公道も15kmほど走りましたが、
車ともバイクとも違う乗り物で、新鮮で面白かったです。
でも、ちょっとしたコーナーでも物凄くゆっくりな速度になっていました(笑)
バーハンドルで車みたいに曲げて曲がるって感覚はもっと練習しないとダメですね。
それとブレーキがフットブレーキだけなのも、何気に不安になりました。
ブレーキの効きはめっちゃ良いので実際は心配ないんですけどね(ABSも付います)。

バイクとも車とも違う乗り物、
前2輪の逆トライク、
非常に貴重な経験が出来ました。
興味の有る方はぜひ調べてみてください。


(40代後半から完全に独学でピアノ練習した現在はこんな感じです、せっかくなんでオリジナルって言うか、私が20年前にやっていたバンドの曲をピアノ弾き語り用にアレンジして弾いてみました、一応歌も歌っています)



(私の落書きはinstagramでまとめて見ることが出来ます)

スポンサードリンク

オススメ記事セレクション






これがあの噂のグラハムビデオ(笑)

ドラム叩いてみましたの動画です。